ジェンダーフリー代名詞がスウェーデンに誕生。“Han(He)”と“Hon(She)”は今後…!?

ジェンダーフリー代名詞がスウェーデンに誕生。“Han(He)”と“Hon(She)”は今後…!?
4月から新たな代名詞“Hen”を導入するスウェーデン(画像はmetro.co.ukのスクリーンショット)
言葉に“男らしさ、女らしさ”が強く出る日本は、世界のこうした動きをどう捉えるであろうか。ジェンダーフリーの発想から、“彼”、“彼女”という言葉の廃止が叫ばれるようになっている中、スウェーデンが新たな代名詞の誕生を発表した。

英メディア『metro.co.uk』が伝えているところによれば、スウェーデンでは“Han(彼は)”、“Hon(彼女は)”に代わり、4月からは“Hen”という代名詞を使用することが正式に決まったもようだ。学校で使用される教科書、裁判所や行政機関における公文書にも“Hen”が使われることになるという。

この“Hen”は1960年代ごろ、男女にかかわらず個人を表す言葉として使用してはいかがかと提案されたことがあるという。ただしその頃のスウェーデンにおいては賛同する者がほとんどおらず、封印されていた。だがやがてトランスジェンダーの人々がそうした言葉の存在に着目するようになり、2000年ごろに“Hen”は復活。最近の辞書にはすでに新生単語として登場しているそうだ。

昨年6月にこちらでお伝えしていたが、カナダ・バンクーバー市の教育委員会もジェンダーフリーの発想からHe、Sheをやめ“Xe(ゼ)”という新たな代名詞を使用する旨を発表し、PTAに困惑と混乱をもたらしたことが話題となった。男女にとらわれない個性の尊重、性同一性障害への理解を求めたが、his/herに代わって“xyr”、him/herに代わって“Xem”となかなか覚えにくく、支持率はかなり低めだとも伝えられていた。

※ 画像はmetro.co.ukのスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2015年3月26日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら