大滝詠一さんを偲び鶴瓶が語る。「一番の思い出は“服部派と古賀派”」

大滝詠一さんを偲び鶴瓶が語る。「一番の思い出は“服部派と古賀派”」
爆笑問題も大滝詠一さんの思い出を語る(画像はYouTubeのサムネイル)
大滝詠一さんがあの世へ旅立って1年が過ぎた。彼のCD12枚組作品『NIAGARA CD BOOK II』発売を記念して、笑福亭鶴瓶藤井フミヤなどが“大滝詠一”を語る映像がYouTube動画で公開されている。中でも鶴瓶は大滝さんとラジオ番組で共演したこともあり、楽曲にも詳しい。大滝さんらしい“服部派と古賀派”の思い出についても語っている。

2013年12月30日に大滝詠一さんが急逝して、1年と約3か月が経つ。2015年3月21日には、彼が1980年代以降に発表したアルバム10枚とオムニバス盤2枚を収録した12枚組CDボックス『NIAGARA CD BOOK II』が発売された。それに伴ってYouTube・Sony Music(Japan)専用チャンネルで『大滝詠一 「NIAGARA CD BOOK II発売記念ゴーゴーナイアガラTV」』が公開されている。

音楽評論家・萩原健太氏によるCDボックスの解説と、大滝詠一さんの思い出を笑福亭鶴瓶、藤井フミヤ、爆笑問題マキタスポーツが語っている。特に「こんな思い出語るの、嫌なんですけどね、まあ、どっかで生きてますからね。なんやろねあの人は…」と口を開く鶴瓶の話は興味深い。

彼はその中で、大滝さんが「服部派か古賀派」について語ったことが一番思い出深いと振り返る。2004年6月にラジオ番組『笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ』(ニッポン放送)に大滝さんが出演した時に、いわゆる歌謡曲、J-POPについて「古賀(政男)派」と「服部(良一)派」に分かれると持論を展開した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 笑福亭鶴瓶 Instagram
笑福亭鶴瓶のプロフィールを見る
TechinsightJapanの記事をもっと見る 2015年3月28日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「笑福亭鶴瓶 + Instagram」のおすすめ記事

「笑福亭鶴瓶 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「明石家さんま」のニュース

次に読みたい関連記事「明石家さんま」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「とんねるず」のニュース

次に読みたい関連記事「とんねるず」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。