タイ・サムイ島で爆弾テロ。プラユット・チャンオチャ独裁政権に政情不安なお。

タイ南部のリゾート地として有名なサムイ島で、ショッピングモール駐車場に停めてあった車に仕掛けられた爆弾が爆発。来店客など少なくとも7名が負傷し、病院で手当てを受けている。

この画像はメディア『smh.com.au』が伝えているその記事のスクリーンショット。タイは今、新年の「ソンクラーン」を祝う時期にあり、人気のリゾート地として世界から人々がやってくるスラートターニー県のサムイ島も多くの客でにぎわっていた。そのような中で現地の10日午後11時30分ごろ、「セントラル・フェスティバル」というショッピングモールの地下駐車場に停められていた車(Honda製)の中で爆弾が爆発。付近の車やバイクを破壊したほか、爆風で店舗のガラスなどが吹き飛んだ。その夜はこのショッピングモールでファッションショーが行われ、訪れた客も多かったという。

また同県で、ほぼ同時刻に食品倉庫が爆破されるという事件も起きており、サムイ島防犯・防災センターのPoonsak Sophonpathumrak氏は、「車はタイ南部の州から盗まれた盗難車であることが分かっています。マレーシアとの国境地帯にあるタイ南部では武装勢力による散発的なテロ活動が発生しており、ここ10年で6000人もの市民が犠牲になりました」と語り、このたびの事件についても犯行声明が出されるものと見ているようだ。

タイでは今月1日、タイ反政府デモにおいて昨年5月に発出された戒厳令
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国際総合ニュースランキング

国際総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク