タイ・サムイ島で爆弾テロ。プラユット・チャンオチャ独裁政権に政情不安なお。

を解除する旨が関係各方面に伝えられていたが、国家平和秩序評議会(NCPO)はこれと並行して暫定憲法第44条を発出。治安維持のためとしてメディアに対する検閲体制が強まり、言論や集会の自由を奪うものであることから国民の反発は必至とみられていた。昨年5月、戒厳令を敷いたプラユットチャンオチャ氏(当時は陸軍司令官)が、クーデターを経て首相およびNCPOの議長に就任していたが、同氏の独裁者ぶりに市民からは「民主平和主義、公平な選挙など実現はほど遠い」といった声が聞かれている。

※ 画像はsmh.com.auのスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国際総合ニュースランキング

国際総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク