イギリス出身の美人ファッションモデルで、俳優ジェイソン・ステイサム(47)の“20歳年下の恋人”としても知られるロージー・ハンティントン=ホワイトリー(27)。彼女がこのほど人気誌にて、「私はコッテリ系の食事に目が無い」と明かした。


野菜スティックをかじりヨガばかりしていそうなスレンダー美人のロージー・ハンティントン=ホワイトリーだが、実際の彼女はイメージとはずいぶん違うようだ。このほどロージーは『ハーパーズ バザー』誌にゲストエディターとして参加し、こう綴っているのだ。

「私はレストランにディナーに行くのが大好きなの。その後はバーに飲みに行くのが好きよ。」
「食欲をそそる食べ物がいいわ。チーズ、パン、パスタ、フライドポテト、ベーコン、ソーセージ入りのパンなどよ! ソーセージ入りのパンなら、1皿は食べられるわ。」

しかし仕事柄太るワケにもいかず、「体型に気を付けなきゃ!」という時は朝食にスクランブルエッグ、ヨーグルトなどを食べるそうだ。また野菜ジュースはいつも飲めるようにしておくというから、さすがにトップモデルである。


ちなみに過去にもロージーはインタビューで、「ベーコンなしでは生きていけない」と告白。「食べ物が大好きで外食も多い」としながらも、自宅では自炊し健康的な食事を心がけていると語っていた。要はバランスらしいのだが、それでもこのボディはスゴい。

※画像は、『Instagram rosiehw』のスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)