キリン一番搾りの醸造長たちが熱すぎる「ビール味の根源変える」「リスク負って原材料調達」

キリン一番搾りの醸造長たちが熱すぎる「ビール味の根源変える」「リスク負って原材料調達」
5月19日より発売される 9つの「地元うまれの一番搾り」
汗ばむ陽気が続くと、冷たいビールで火照った体を冷やしたいと思う人も多いだろう。仕事帰りにビアガーデンで生ビールを一杯。想像するだけでゴクリと喉が鳴る。今回「キリン一番搾り生ビール」から新たな「一番搾り」が出るという。さて一体どんなビールで我々の喉を唸らせてくれるのだろう?

ビール日和な18日、キリン一番搾りガーデン Brewer’s Spirit 東京店にて「地元うまれの一番搾り」発売イベントが開催された。今年発売25周年を迎える「キリン一番搾り生ビール」が全国の9工場ごとに味の違いや個性を楽しめる地域限定の「一番搾り」を5月19日より発売する。


北海道千歳工場に始まり、仙台、取手、横浜、名古屋、滋賀、神戸、岡山、福岡工場まで全国9工場で製造される「キリン一番搾り生ビール」。今回9工場を代表して取手、横浜、岡山工場の醸造開発責任者が登壇した。彼らはCMで嵐とも共演を果たしたちょっとした有名人。商品開発から醸造までを担当しているだけあり商品へのこだわりや思い入れは皆とても熱い。


■取手工場・谷川満醸造長
「食材が豊かな茨城なので、うまいもんどころとしてPRしたい。アルコール度数5.5%。多くの麦芽を使用し、柑橘系のホップでその香りを楽しめる。通常の一番搾りでは使っていない酵母を使用したことで、ビールの味の根源を変えることにチャレンジした」


■横浜工場・岡田義宗醸造長
「港と異文化が融合した潮風薫る町・横浜を表現したかった。異文化で生まれた洋食、家系ラーメン、崎陽軒のシュウマイと濃いめの味付けが多いので、それに負けないよう爽やかな一番搾りにしたい。アルコール度数は6%。カラメル麦芽を使用し色は濃く、味わいは甘め。フローラルな香りのホップを使用しており、芳醇ながらスッキリとした味わいを表現した」

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年5月18日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。