保田圭が『しくじり先生』で苦難の日々明かす。「折れない」心にファン急増。

保田圭が『しくじり先生』で苦難の日々明かす。「折れない」心にファン急増。
「ビリでもきっと誰かの一番になれる」と保田圭
保田圭がバラエティ番組しくじり先生』に先生として出演。モーニング娘。で“オチ要員”として脚光を浴びるまでの苦難や、さらに卒業してからプライベートで味わった辛い恋愛体験を赤裸々に語った。その言葉の数々に胸を打たれた視聴者も多く、モー娘。時代からのファンだけでなく、アイドルに興味がなかったという人からも「ファンになりました」と反響が起きている。

現在、音楽バラエティ番組『UTAGE!』(TBS系)に出演している保田圭。同番組のMC中居正広が、かつて石橋貴明とんねるず)とMCを務めた『うたばん』(2010年3月23日に終了)こそ、モーニング娘。時代の保田圭を救った番組だった。

5月25日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)で保田圭は、17歳でモー娘。としてデビューしたものの集合写真の撮影で「みんな私よりカワイイ」と気づいて以来、自分の居場所を模索して悩んだことを明かした。

安室奈美恵を目指してクールにすれば“暗い”と思われ、もっと自分をアピールしようとテレビ番組などでカメラ目線に徹すると“必死すぎて引く!”と言われる。自信がなくなるにつれてトークでもしゃべれず、空気のような存在“エア圭”と呼ばれ、マネージャーには「もう、一生しゃべらなくていい。しゃべることを諦めなさい」とまで告げられた。そんな日々が続き「誰にもグチれず毎日、独りで泣きじゃくった」という。

だがある日、インタビューで「好きな食べ物は?」と問われて「白子と軟骨」と答えるとスタッフが大爆笑した。「ここだ!」と直感した保田圭はアイドルを演じるのをやめて“オチ要員”へと突き進む。それを確固たるものにしてくれたのが『うたばん』なのだ。彼女は当時を振り返り「タカさんと中居さんには本当に感謝している」と語った。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2015年5月26日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「やすらぎの郷」のニュース

次に読みたい関連記事「やすらぎの郷」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アメトーーク」のニュース

次に読みたい関連記事「アメトーーク」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アメトーーク!」のニュース

次に読みたい関連記事「アメトーーク!」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。