菜々緒がバラエティ番組『痛快TV スカッとジャパン』で演じたパワハラ上司“エリカ”が反響を呼んでいる。彼女がその姿を公開したInstagramにも「菜々緒様、本当に素敵でした」「スッキリしましたぁー!!」などのコメントが届いているのだ。エリカは新人女性社員をいびる意地悪な役柄で登場したが、実は最後に大逆転があり、そのギャップが視聴者にもたまらなかったらしい。

痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ系)は、視聴者が意地悪や身勝手な言動をする人に「ムカッと」しながらも、ある出来事で「スカッと」した体験をミニドラマにして放送するものだ。エリカシリーズはそのなかでも人気がある。菜々緒演じるエリカが部下や同僚を見下すような嫌味な言動を繰り返すのだが、最後は屈辱的な出来事に見舞われて周囲も「スカッと」するのが定番である。

ところが、6月22日の放送では様子が違った。見るからに大企業という設定のオフィスで“9頭身の監視塔”と呼ばれる先輩OLのエリカは、当事者の新人女性社員の仕事に細かく口を出して厳しくあたる。「仕事が早い人と、仕事が遅いあなたみたいな鈍臭い人が同じ給料なんてやってられないわよね」と言葉もキツい。

心が折れそうになる新人社員に優しく言葉をかけてくれるのが、イケメンの先輩社員だった。しかし2人が親しく話しているところにエリカは口を挟み「こんな新人より、私と飲みに行かない」と言い出すではないか。新人の彼女はますますエリカ先輩への不満が膨らんでいく。