過去には「妻は素晴らしい女性、そして素晴らしい友達といった存在」とジェニファー・ガーナー(43)を絶賛していた俳優ベン・アフレック(42)が、ついに離婚を決意した。3人の子供をもうけた夫妻については度々「離婚に向かう」と噂されていたが、それがついに現実になろうとしている。


2005年にジェニファー・ガーナーと結婚したベン・アフレックは、彼女につき「子供達の世話もバッチリ」などと絶賛。一方でジェニファーも「声までセクシー」と惚気るほど夫に夢中だったのだが、夫婦関係はついに破たんしてしまった。

結婚から10年の夫妻は現地時間の6月30日、このような声明を発表している。

「じっくり考えた結果、私達は離婚という辛い決断に至りました。」
「しかし、今後も互いに対する愛と友情を持ち前に進んで行くのみです。個人的な家族の問題ですので、これ以上のコメントは予定していません。ご理解いただき、ありがとうございます。」

夫妻はすぐに離婚を申請する予定はなく、まずは調停者を交え離婚条件などを細かく決めるのだとか。
3人の子(長女9歳、次女6歳、長男3歳)については親権を共有する可能性が高く、離婚が成立すればベンはバツ1に、ジェニファーはバツ2となる。子供達が幼いこともあり、夫妻の破局にファンも大変驚いている。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)