内田有紀のツッコミが絶妙。ブラマヨ・小杉と夫婦漫才で隠れた才能が開花!?

9月公開の映画『アントマン』日本語版声優お披露目イベントが11日、都内にて行われた。今回初めてアフレコに挑戦した女優・内田有紀と主人公の悪友、太った明るいキャラクターの吹替えを担当したブラックマヨネーズ・小杉竜一が登壇し、互いのアフレコをベタ褒めしあう夫婦漫才が繰り広げられた。

驚異のスーツを着用すると身長わずか1.5cmになれるユニークなヒーロー“アントマン”が活躍する本作。正義感にあふれ強くて美しい女性を演じた内田有紀は、「小さい頃から外国映画で日本の女優さんが演じているの観て育った。ジュリア・ロバーツと言えば戸田恵子さん」と吹替えに憧れていたことを明かす。今回の抜擢を「や、やれて嬉しい。キャラクターと映画を壊さないように女優さんの芝居の呼吸に合わせることを何度も練習した」と興奮気味に語った。


隣で聞いていた小杉竜一は「ほんまに初めてだったんですか? めちゃくちゃ上手かったですよ。初めてだと思えなかった」とベタ褒め。「いや逆ですよ。すっごい小杉さん上手いと思った」「こんなに上手にやられているからどうしよう」と内田も負けずと小杉を褒める。「褒め合いになって申し訳なかった」と内田は笑うも、お互いにベタ褒めしあう掛け合いは夫婦漫才さながら息もピッタリである。


イベントにて角砂糖を使った質疑応答のコーナーでは、「最小にして最大の○○」という質問に「セットする前はぺったんこ。ドライヤーで空気を入れ持っている髪の毛を最大にふんわりさせてセットするので、芸人の楽屋の間では“綿菓子のおっさん”と言われている」「最小にして最大のヘアセット」と自虐ネタを披露した小杉。大爆笑した内田は「いい話ですね。綿菓子って夢がある。この頭には夢がつまっている」と小杉を上回るツッコミで会場を沸かせ、笑いの絶えないイベントとなった。
(TechinsightJapan編集部 うめ智子)

当時の記事を読む

内田有紀のプロフィールを見る
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「内田有紀」に関する記事

「内田有紀」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「内田有紀」の記事

次に読みたい「内田有紀」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク