豪華客船から女性が海に転落し死亡。救助の遅さに乗客ら激怒(米)

豪華客船による7日間の旅に出たその家族。彼らは「驚くような怖い経験をした。クルーズ会社への怒りがおさまらない」との感想をマイアミのメディアにぶつけている。1人の乗客が海に落ちたことを告げたものの、救助が始まるまであまりにも時間がかかりすぎたというのだ。

マイアミ発着の豪華客船の旅で、カリフォルニア州サンノゼから参加したキャロル・アン・ダイマスさんという65歳の女性客が海に落ちて死亡する事件が起きた。ツアーは『カーニバル・グローリー(Carnival Glory)フェリーで回る中米7日間クルーズ』というもので、参加者らは今、クルーズ会社のスタッフが見せた救助活動の遅さに猛烈に腹を立てている。その中でゲイリー・テリーさんは『CBS4/Miami』にこう説明した。

「私たちの船は19日、ホンジュラスのロアタン島から出発しました。妻や息子とともにアッパーデッキのバルコニーでイスに座っていたところ、1人の女性客が転倒したか身を乗り出し過ぎたか、船の外に投げ出されてしまったことを目撃したのです。息子はすぐにライフジャケットを海に向かって投じ、船のカスタマーサービスに電話したのですが応答がなくて。4~5回目でやっと繋がったのです。その瞬間はホッとしたのですが、何の反応もありませんでした。」

「早くボートを止める必要があるのに、女性客が落下したポイントからどんどん離れていく。まさにパニックでした」と息子のデールさん。彼はカスタマーサービスとの通話がスムーズに行かなかったことの原因について「きちんと英語を話せる、理解できるスタッフが少なかったからではないか」と話す。3~4回ゆっくりと説明することで、やっと“1名が海に落ちた。船はそのポイントまで戻り、早く救助してあげてほしい”ということを理解してもらったという。船が方向転換するまで45分、救助のボートを出すまで1時間以上もかかり、残念ながら命を助けることは叶わなかった

クルーズ会社は謝罪の意味でその船の乗客全員に割引券などを発行したが、この事件は大きなトラウマを残してしまったもよう。「セキュリティーが厳しいことで知られる豪華客船なのにお粗末。14歳の娘はもう二度と乗りたくないと言っています」とゲイリーさんは語っている。

※ 画像はイメージです。
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年8月26日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。