俳優トム・クルーズの最新作撮影後に、まさかの飛行機墜落事故が発生した。2人が死亡、1人が集中治療室に運ばれたが、トム本人は同乗しておらず無事であったという。

事故が発生したのは現地時間11日、コロンビアのメデジン付近でのこと。トム・クルーズらは直前まで現地にて映画『Mena(原題)』を撮影していた。

この墜落事故で、ハリウッドのパイロットであるアラン(Alan Purwin)さん、コロンビア人のカルロス(Carlos Berl)さんが死亡。ジョージア出身のパイロットであるジミー(Jimmy Lee Garland)さんは重傷を負い集中治療室に搬送された。この時飛行機はクルーの移動用に使われており、悪天候が墜落の原因になったとみられている。

米Universal Picturesはこの事故を受け、以下のようにコメントしている。

「映画『Mena』の制作が終了。その後エンリケ オラヤ エレーラ空港に向かうためクルーを乗せていた航空機が墜落し、2人が死亡しました。」
「現時点でお伝えできるのはこれだけです。プロダクションチームを代表し、クルーと家族のために祈りを捧げます。」

トムからのコメントは、今のところ発表されていない。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)