HKT48・本村碧唯がロケでマジギレ「そんなにいろいろ人生送ってない!」

HKT48の本村碧唯がバラエティ番組のロケ中になりゆきで歌を披露したところ、「気持ちが入っていない」と指摘されてマジギレする場面があった。また朝長美桜も続いて歌ったところ、本当に『白歌手』かと疑われてしまう。

テレビ西日本で10月25日に放送された『HKT48のごぼてん!』で、本村碧唯、朝長美桜、多田愛佳の3人が進行役のパラシュート部隊と北九州市門司の街でロケを行った。

その際に、“果物屋さんなのに歌い過ぎセンター”と題して、自身で作詞・作曲した250のオリジナル曲をギターで弾き語りする特技の持ち主、山形さんを訪問。その作品の数々は『紫川って甘酢っぱい』『恥ずかしかった店番』『人間死んだら骨になる』等々タイトルだけでもユニークな感じだ。

番組スタッフが厳選した数十曲を一覧表にした中から、リクエストすれば楽譜も見ずにジャンジャン弾き語り始めるからすごい。まず『酒はストレート』をリクエストしたところ、失恋ソングなのか「水もない、氷もない、酒はストレート」と飲み明かす歌だった。『ぽっくり音頭』は「朝起きれば死んでいたー」とショッキングな出だしで始まる臨死体験のような内容だが、とにかく明るく歌う。

だがパラシュート部隊・斉藤優が「せっかくだから」とリクエストした『けいこはストリッパー』にはHKT48の3人が引いてしまった。ストリッパーのけいこは悲しそうに口笛を吹いており、「男が欲しい」と泣きながら裸でやってくる。「だまって足を開いてくれるよ~」というところで斉藤が「いい加減にしろ」と制止した。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

朝長美桜のプロフィールを見る
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「朝長美桜」に関する記事

「朝長美桜」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「朝長美桜」の記事

次に読みたい「朝長美桜」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク