<田村亮インタビュー>「一番の心配要素」は自分自身。

ロンドンブーツ1号2号の田村亮座長を務める『田村亮一座』も今年で9年目を迎える。舞台『極楽プリズン』を目前に座長・田村亮の素顔、相方・田村淳への思い、結婚できないナインティナイン岡村隆史について今“田村亮”が感じることをテックインサイト編集部に語ってくれた。

■きっかけは鈴木おさむの一言。
―2007年から12公演開催されてきた『田村亮一座』ですが、一座を作られたきっかけを教えて下さい。
亮:ロンドンブーツでコントや舞台に出ることが無くなっていたので、何か舞台でやりたいなという気持ちになっていた時に、鈴木おさむさんに相談したら「亮くんの名前つけてバンと表に立ってやるなら手伝うよ」と言ってもらったのがきっかけです。

―淳さんは舞台を観に来たりしますか?
亮:来ていないです。観に来たら多分緊張すると思いますね。あと「何しに来てん!」と思ってしまいますね(笑)。

―6月の田村亮一座×東京サムライガンズ『TENSAI』から今回の田村亮一座×渋谷ニコルソンズ『極楽プリズン』と大舞台が続きますね。
亮:大変ですけど今まで亮一座7、8年やってきて展開がずっと止まっていたので、これ位やらないと何も変わらないかなと思って。(東京サムライ)ガンズとやって色々な刺激があったので今回木下半太さんにお願いしたら自分が想像していたよりも凄い刺激がきて今、驚いている最中です(笑)。


■心配要因はカラテカ入江と自分自身。
―9年一緒に後輩芸人と舞台を続けてこられましたが、後輩とご自身の成長についてお聞かせ下さい。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

田村亮のプロフィールを見る
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「田村亮」に関する記事

「田村亮」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「田村亮」の記事

次に読みたい「田村亮」の記事をもっと見る

ニュースランキング

ランキングをもっと見る
お買いものリンク