大ヒット映画『アメリカン・スナイパー』などで知られる俳優ブラッドリー・クーパー(40)は、大変気前が良いのだそう。レストランで食事をするとチップも気前よくはずみ、ウェイター・ウェイトレスらをとても喜ばせているらしい。

大変な資産家でありながら、チップを出し渋るセレブも多い。大富豪のマドンナや元夫ショーン・ペンは大変なドケチで、チップはゼロ。払っても「ほんのチョッピリ」と言われているが、ブラッドリー・クーパーはとても気前が良いそうだ。このほど『Magic Radio』のインタビューに応じた彼は、このように語っている。

「僕は、気前はすごく良いよ。(亡き)父譲りさ。こういう風に育てられたんだ。」
「たとえば、120ポンド(約2万2200円)の食事をする。そうすると、チップはまあ5560円くらい、いや6500円くらいは出すね。うん、そのくらいがちょうど良いと思う。」

ちなみにブラッドリー以外にも「気前が良い!」「太っ腹!」と有名なのは、ジョニー・デップ、オバマ大統領、ドリュー・バリモアラッセル・クロウ、チャーリー・シーン、デヴィッド・ベッカムら。ジョニーについては食事の代金に匹敵するチップを置いていくこともあるらしく、「50万円近いチップを置いて店を出た」と報じられたこともある。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)