糖尿病患者、ネイルサロンのフットバスで「熱い」と言えず大やけど(米)

糖尿病患者、ネイルサロンのフットバスで「熱い」と言えず大やけど(米)
ネイルサロンは糖尿病患者への施術に気をつけて(画像はdfw.cbslocal.comのスクリーンショット)
妻と一緒に足の指にペディキュアを試してみた男性が、フットバスのお湯のせいで足の甲にまで深い炎症を起こし、病院に急行した。糖尿病患者であったため、それが大変な高温であったことに気づかなかったという。

この画像はテキサス州のメディア『CBS-DFW』が伝えているその記事のスクリーンショット。同州コリン郡のマッキニーに暮らすクリストファー・ソールズベリーさんの大やけどを負った後の足の様子である。こうなったきっかけは、エルドラド・パークウェイにある「ハリウッド・ネイルズ&スパ」というサロンで、ほんの遊び心からペディキュアを施してもらったことにあった。その3か月前に母親をガンで亡くし、葬儀ほか様々な手続きを終えて自宅に戻ったものの元気を失っているクリストファーさんに、妻が「きっといい気晴らしになるから、ペディキュアでも一緒に塗ってみましょう」と熱心に誘ったという。

こうして夫婦は同サロンに出かけたが、お湯を張ったフットバスに指示通り足を浸けていたところ、妻が突然「その足、どうしたの!」と慌てた声をあげた。クリストファーさんの足は大きな水泡ができて、ひどくむくんでいたのだ。ソックスや靴も履けない足で慌てて病院に急行したクリストファーさんに、診断した医師は「熱傷のII度に相当し、治療は熱傷専門の医師により行われます」などと説明。それだけは避けられたものの、8日間の入院を経て自宅療養はなんと6か月間にもわたったという。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2015年11月14日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。