96歳退役軍人、31年続けた職場でレイオフを拒否(米)

「レイオフですか。いやいや、私はまだ働きたい」。そう言ってメンテナンスの仕事のレイオフに抵抗し続けてきた、なんとも気骨の入った退役軍人が米ニュージャージー州にいた。すでに90代後半にもなっているサルバトーレ・デサントさん。彼は「健康なうちはやはり夢中になって仕事をしていたい」と切望してやまない。

『courierpostonline.com』がこのほど紹介したニュージャージー州カムデン郡在住のサルバトーレ・デサントさん。彼は御年96歳の元陸軍2等軍曹である。若い人々がいつまでも眠っていたいと考えてしまう中、早起きして玄関ポーチに星条旗を掲げるのが毎日の日課だ。第二次世界大戦では陸軍本部中隊で通信回線の設置や修理にあたっており、「体力と気力では誰にも負けない自信がある」と語る。

サルバトーレさんは、同郡リンデンウォルドの「ジョージタウン・コンドミニアム」というマンションで31年にわたりメンテナンス要員のパートタイマーとして仕事にあたってきたが、今年6月にレイオフを通告されてしまった。失業者も多い米国とあって、多くの高齢者が“老兵は去るのみ” などと言いながら仕事の継続を諦めて年金オンリーの生活に入るところであろうが、サルバトーレさんは「芝生も刈るし、バンの運転だってまだできます。私はとにかく働きたい。ソファに座ってばかりの生活など嫌なのです」と陳情し続けた。いったんは諦めてホームデポなどに仕事を求めてみたが、ことごとくノーという悲しい返事であったという。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

国際総合ニュースランキング

国際総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク