ボクサー、3年前の対戦相手を殺害。負けた恨み忘れられず(米)

ボクサー、3年前の対戦相手を殺害。負けた恨み忘れられず(米)
3年前の勝利が恨まれボクサー殺される(画像はnydailynews.comのスクリーンショット)
負けず嫌いの性格、不屈の精神が重要といわれるボクシングの世界。しかしここまで勝敗にとらわれてしまうとは…。3年前に味わった敗北の悔しさを理由に、あるアマチュアボクサーがその時の対戦相手を射殺する事件がアメリカで起きた。

この画像は『nydailynews.com』が伝えているその記事のスクリーンショット。2012年の「State Golden Gloves Tournament」というオリンピック出場をかけた試合で優勝し、チャンピオンベルトを片手に勝利の笑みを浮かべている「エリート・ボクシング」所属のスタン・スタニスクラスさんである。しかし彼の優勝を3年にわたりじっと妬む男がいた。「サンクスギビングデー(感謝祭)」であった先月26日の夜、スタンさんはまだ23歳という若さでその男に射殺されてしまったのだ。

現地メディアが伝えているところによれば、事件はリゾートホテルが立ち並ぶフロリダ州ウェストパームビーチの、パーム・ビーチ・ショアーズ地区にあるピザレストランの外で起きた。スタンさんは仲間と飲食を楽しみ、店を出て来たところでダレル・テリズミーという24歳の男が放った凶弾に倒れたという。

「エリート・ボクシング」でスタンさんをコーチしていたデイブ・ルーター氏は地元紙『サン・センチネル』『パームビーチ・ポスト』などの取材に応じ、彼の死を深く嘆き、ダレルに対しては「2011年から両者は幾度となく対戦したが、実力は歴然としたものでスタンが圧倒的に強かった。こんな卑劣なやり方で勝ったところで刑務所で一生過ごすだけ。何の価値があるというのか」「2008年からダレルのことは知っていたが、好戦的な性格で、本人が思っているほどアスリートとしての資質はないと感じていた」などと強い憤りを示した。

パームビーチ郡保安官事務所の発表したところによれば、スタンさんの友人は彼が以前からダレルの不穏な動きに身の危険を感じ、銃を購入するなど対策を講じていたと証言しているもよう。ダレルは2012年にも交通取り締まりで引っかかると警察官に激しく抵抗し、暴力をふるって逮捕されたことがあるという。
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2015年12月2日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。