危険すぎる「ダクトテープチャレンジ」アイスバケツで懲りない米国の10代

危険すぎる「ダクトテープチャレンジ」アイスバケツで懲りない米国の10代
米国で流行の「ダクトテープチャレンジ」は非常に危険(出典:https://www.facebook.com/siemnykiro7)
筋萎縮性側索硬化症(ALS)の研究支援を目的として始まり、2014年の夏あたりから世界にも広がった「アイスバケツチャレンジ」。しかし嫌がる者への無理強い、酔って重いバケツを頭上に落とす、急激な冷えによる体調不良などトラブルや救急搬送騒ぎも絶えなかった。何かをすぐに流行させようとする米国の若者の間で、今度は「ダクトテープチャレンジ」なるものが流行しているが…。

「ダクトテープチャレンジ」とは、ターゲットの1人を決めたら粘着力が大変強いダクトテープを使って手首や足、体などをグルグル巻きにし、いかにしてそれを引きちぎり、外して逃げ出すか、その速さやワザを競いあうもの。犯罪ドラマにはつきものの、人質の手足をダクトテープで縛り、イスや柱に括り付けるシーン。あれをゲーム感覚で再現しようというものだ。

シアトル在住のスカイラー・フィッシュさん(14)も先月16日に「ダクトテープチャレンジ」を行ったが、予測しなかった事態に見舞われて現在もハーバービュー医療センターに入院中である。コンクリートに頭を打ち付けたことにより48針縫う大手術が行われたほか、倒れこんだ際に眼球を窓枠の角に強打して片目を失明してしまった。

この少年の母親であるサラ・フィッシュさんは、地元メディアの『KIRO‐TV』に悲痛な表情で「息子はあわや死ぬところで、今こうして生きていること自体が奇跡。ほかの子には決してダクトテープチャレンジなどしないよう警告したい。息子がそれで失ってしまったものはあまりにも大きい」と嘆いている。

ダクトテープチャレンジがアメリカの若者の間で流行中なのは動画やSNSでも見て取れるが、“グルグル巻き”のレベルがエスカレートすることにより、皮膚の激しい損傷、血流が滞ったことによる組織の壊死など訴訟に発展するであろうアクシデントも多々伝えられるようになっている。スカイラーさんのこの事例も決して他人事ではないようだ。

出典:https://www.facebook.com/siemnykiro7
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2016年2月2日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら