事故で記憶喪失 「ガレージ66番」と呼ばれた男性16年ぶりに身元判明(米)

事故で記憶喪失 「ガレージ66番」と呼ばれた男性16年ぶりに身元判明(米)
事故から16年ついに身元が判明した米男性(出典:http://inewsource.org)
交通事故から遭難、天災まで何らかの災難に遭った時、身元を証明するものを何ひとつ身につけていないまま意識不明や記憶喪失に陥ると、人生このような事態となることもある。米カリフォルニア州からある男性についての興味深い話題が飛びこんできた。

カリフォルニア州サンディエゴ市のコロナドにある「Villa Coronado Skilled Nursing Facility」という介護施設で、人々から“Garage 66さん”、“Sixty-Six Garageさん”などと呼ばれながらずっと眠り続けてきたその中年男性。今から16年前にエル・セントロという東の町で交通事故に巻き込まれて意識不明となり、目覚めても自身について何一つ説明することができなかったためだ。

しかしサンディエゴのメディア『inewsource.org』が伝えているところによれば、この男性の身元を明らかにし、家族のもとに何とか帰してあげたいと市保健局の職員たちは努力を続けたもよう。昨年には同メディアがこの男性の状況を伝えて情報提供を広く呼びかけ、ヒスパニック系であることから米国税関・国境警備局やメキシコ市、メキシコ系人権活動団体なども動いてくれた。

その甲斐あって、このほど30代のメキシコ人であると身元が判明(家族の希望によりそれ以上の詳細は明かされず)。領事館を通じてメキシコの家族にも連絡がついたことから、会話も不可能で人工呼吸器を手放せないという痛ましい姿ではあるが、ついに愛する家族らがその病床を見舞ったという。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2016年2月2日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら