宝くじで223億円当選の米女性 周囲が寄付金争奪戦 牧師からは高額訴訟

今からちょうど1年前にこちらでお伝えした、障がい児を含む4人の子を育てる米ノースカロライナ州の20代の女性が宝くじで高額賞金を当てた話題。しかし当選者の情報が公開される国だけあり、彼女はその後、とんだ“寄付金争奪戦”に巻き込まれていたようだ。

当選賞金が破格なことで知られるアメリカの宝くじ“Powerball”。昨年のちょうど今頃、キャリーオーバーが続いたことから賞金が5億6410万ドルにも膨らんでいたそれを見事に当てた3名のうちの1人が、米ノースカロライナ州シャーロット在住のマリー・ホームズさん(当時26歳)であった。彼女は4人の子を育てるシングルマザーで、そのうち1人が脳性小児まひを患ったことから「ウォルマート」および「マクドナルド」のアルバイトを辞め、福祉手当のみで生活。そんな中での1億8800万ドル(当時は日本円にして233億円に相当)当選に、人々は「苦労屋の彼女を神様は見捨てなかった」と大きな拍手を送ったのであった。しかし…。

アメリカでは宝くじに当選した場合、本人がその当選発表イベントに登場して顔や氏名をさらすことが賞金を受け取る基本条件となる。それは賞金を独り占めせず地域社会、教会、慈善団体などにどんどん寄付してほしいというプレッシャーにつながり、それをやってこそ当選者は近隣住民から感謝され、妬みを買わずに済むのだ。破格の賞金を手にして税金を支払った後に子供たちと暮らせる家を購入し、拘置所にいるボーイフレンドの4度の保釈保証金として計2,100万ドル(約24億円)もの大金を支払ったと報じられたホームズさん。そして昨年12月には、彼女が幼い頃から通い続けてきた「Pleasant Hill Missionary」というバプテスト教会に70万ドルを寄付したという。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

国際総合ニュースランキング

国際総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク