思ったことをズバッと言うことで知られる音楽界の重鎮エルトン・ジョンが、人気歌手ジャネット・ジャクソンのショーについて言及。「口パクだ」「ショーなんて呼べるものじゃない」とメッタ斬りにした。


このほどエルトン・ジョンが『Rolling Stone』のインタビューに応じ、ジャネット・ジャクソンのツアー『Unbreakable World Tour』につきこう批判した。

「忌々しい音楽誌には、ショーのレビューとしてこう書かれているんだ。“このショーは最高。4つ星半”なんてね。」
「だけどあれは忌々しい口パクだ! ショーなんてもんじゃない。」
「(あんなショーを観るくらいなら)ドラッグクイーンを見に行く方がマシ。失せやがれ。」

エルトンは過去にマドンナのことも「口パクだ」と批判。しかし激しいダンスを伴うショーで口パクに頼るアーティストは多く、ビヨンセブリトニー・スピアーズ、さらにはマライア・キャリーも口パクを報じられたことが何度もある。


ちなみにマドンナに対する敵意をむき出しにしていたエルトンは、かつてスーパーボウルでのパフォーマンスが決まった彼女につき「上手く口パクしろよ」とバッサリ。その後もツアーを「最悪だな」と酷評したが、レストランで偶然出会い謝罪したそうだ。それをマドンナは意外にも受け入れたというが、ジャネットは一気に広まったエルトンの猛批判にどう対応するのか。
(TechinsightJapan編集部 洋子アンダーソン)