不妊治療の最終手段「人工精子の受精に成功」と中国の権威 安全性に不安の声も

不妊治療の最終手段「人工精子の受精に成功」と中国の権威 安全性に不安の声も
次代の不妊治療は人工精子と中国の権威が実験の成功を発表(出典:http://www.mirror.co.uk)
不妊治療の技術は日進月歩とはいえ、お金もかかるうえに成功率があまり高くないことは大きな問題であった。だが中国のある権威が進めている研究の内容には驚くばかり。なんと「研究室で作りあげた“人工精子”で妊娠する時代が来る」というのだ。

中国・南京医科大学で20年にわたり生殖医学、特に精子・卵・胚の形成メカニズムについて研究を続けてきたJia-hao Sha博士。国際的に評価の高い文献を60以上も発表してきた不妊症治療の権威ともいえる同博士が、このほど幹細胞研究者向け専門誌『Cell Stem Cell』に興味深い論文を発表した。英メディア『mirror.co.uk』が伝えている。

Sha博士の共同研究チームが発表したのは「幹細胞関連技術の発展により、人工的に精子細胞を完成させる研究はすでに進んでいる。マウス胚から取り出された幹細胞を使った精子細胞による受精も成功した」というもの。2011年には日本の研究者が人工の精子が睾丸内に注入されると生き生きと泳ぐ様子を発表したが、その研究をさらに進化させたもようだ。生命倫理学も気になるところだが、博士は「不妊につながる問題が男性側にあるケースでは、最新不妊治療をもってしても解決できないことも多い。彼らを救うための最終手段だ」としている。

実験では、精巣にそっくりの環境の中で男性ホルモン(テストステロン)にさらして完成させた精子細胞を、体外に取り出しておいたマウスの卵に顕微鏡で観察しながら注入したと同博士。これは「顕微授精(ICSI=細胞質内精子注入)」と呼ばれる体外受精のひとつの方法で、ヒトでは受精卵の細胞分裂がはじまった胚が子宮に移植されることになる。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2016年2月27日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら