元キンコメ今野の演技力が秀逸「このまま俳優で」 『火村英生の推理』で見せ場 「下町ロケットの匂いがする」とも

元キンコメ今野の演技力が秀逸「このまま俳優で」 『火村英生の推理』で見せ場 「下町ロケットの匂いがする」とも
今野浩喜と竹内涼真(出典:https://twitter.com/himurahideo_ntv)
ドラマ『臨床犯罪学者 火村英生の推理』に元キングオブコメディ今野浩喜が出演して終盤で見せ場を作った。竹内涼真との共演となり、ツイッターでは「下町ロケットの匂いがする」という感想が少なくない。また今野の演技力を評価して今後の活躍を期待するつぶやきも見受けられた。

日本テレビ系の日曜ドラマ『臨床犯罪学者 火村英生の推理』は、主人公の英都大学社会学部の准教授・火村英生(斎藤工)と推理作家・有栖川有栖(窪田正孝)が推理によって事件を解明するストーリーを描いたものだ。彼らに迫る過激派集団シャングリラ十字軍の指導者・諸星沙奈江役を演じるのが長谷川京子である。

その諸星に操られるシャングリラ十字軍の構成員・城照文役として第7話から今野浩喜が出演している。構成員には他に鬼塚竜三(竹内涼真)、大石安奈(仁村紗和)がおり、第9話では嵯峨信人(野間口徹)加わって事態が大きく動く。

3月13日放送の第9話「地下室の処刑」では、クライマックスで“「天使」という安楽死を謳うクスリ”を巡って今野浩喜演じる城が火村と有栖に詰め寄られる。「畜生、俺をだましやがって」、「天使のフリをした悪魔」と3人がやりとりするシーンで今野は迫真の演技を見せた。

昨年TBS系で放送された日曜劇場『下町ロケット』で今野は佃製作所の経理部係長・迫田滋役、竹内涼真は技術開発部技術者・立花洋介役を務めた。その印象が残っている人も多く、ツイッターで「火村英生、下町ロケットやん(笑)」「今野と竹内くんが火村英生でまた共演してるのすごい。作業服姿で出てるのもねらいか?」とつぶやかれている。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「下町ロケット + 最終回」のおすすめ記事

「下町ロケット + 最終回」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「アルジャーノンに花束を」のニュース

次に読みたい関連記事「アルジャーノンに花束を」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「家政婦のミタ」のニュース

次に読みたい関連記事「家政婦のミタ」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年3月14日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 下町ロケット 最終回

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。