KAT-TUN新曲を手がけたスガシカオ「彼らのまっすぐな気持ちを言葉にした」

KAT-TUN新曲を手がけたスガシカオ「彼らのまっすぐな気持ちを言葉にした」
スガシカオ直筆の歌詞(出典:https://twitter.com/shikaosuga)
KAT-TUNが『Mステ』で披露した新曲『君のユメ ぼくのユメ』について、作者のスガシカオがブログで心境を綴っている。KAT-TUNのデビュー曲『Real Face』から10年、彼はどのような思いを込めたのか。

3月25日の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)でKAT-TUNが田口淳之介を含めたメンバー4人として最後のパフォーマンスを披露した。この日は“春に聴きたい &卒業ソングランキング”をテーマに3時間特番として放送されるなか、1位の『さくら(独唱)』(森山直太朗)が発表されたあとでKAT-TUNがトリを務める。

タモリとのひな壇トークでは田口淳之介が「頑張ってこれたのはファンの皆さんのおかげだなとすごく感じるので、本当にありがとうございました」と頭を下げて感謝した。「これからはKAT-TUNと僕とそれぞれの道を進むことになりますけど、これが終わりじゃなくてスタートなんだ…」と語る彼の後ろでは、AKB48の高橋みなみがグループを卒業する自分に重なるのか神妙な表情で聞いていた。

そんな田口の“卒業”を彼らのステージで実感することとなる。KAT-TUNのデビュー曲『Real Face』を精魂込めてパフォーマンスした4人が新曲『君のユメ ぼくのユメ』を歌うため次のセットに移動した。立ち並ぶ大きな柱の間を抜けて現れたのは亀梨和也上田竜也中丸雄一の3人でそこに田口淳之介の姿はない。新曲は3人となるKAT-TUNの旅立ちの歌であり、田口の卒業ソングとなったのだ。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2016年3月26日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「SMAP」のニュース

次に読みたい関連記事「SMAP」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「光GENJI」のニュース

次に読みたい関連記事「光GENJI」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「嵐」のニュース

次に読みたい関連記事「嵐」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。