ビンラディン殺害の米海軍特殊部隊兵士、飲酒運転で逮捕

2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件の首謀者であり、その後10年にわたり逃亡するも今から5年ほど前にパキスタンで発見され、殺害された国際テロ組織「アルカイダ」の元リーダー、ウサマ・ビンラディン。まさにその発見と殺害にあたった米兵が、なんともつまらないことで逮捕されてしまった。ヒーローと呼ばれる人物であっても「ダメなものはダメ」と見逃すことをしなかった警察の姿勢も話題になっている。

パキスタンのアボッターバードに潜伏中であった2011年5月2日、「米海軍特殊部隊SEAL Team 6」の急襲を受けて死亡したウサマ・ビンラディン。作戦を成功させた兵士のうちの1人で、帰国後に大きく称えられたロバート・ジェームズ・オニール元隊員が8日、生まれ故郷のモンタナ州ビュート市で逮捕されたことを『washingtonpost.com』ほかが伝えている。

同州ビュート・シルバーボウ市郡の保安官代理ジョージ・スカレティッチ氏は、“コンビニエンスストアの駐車場で、車のエンジンがオンのまま男性が運転席で眠り込んでいる”との通報が複数あったことから現場に向かったことを説明。メディア露出の機会も多く地元でもかなりのヒーローであったことから、現在39歳となっているもののオニール元隊員であることはすぐにわかったとしている。元隊員はその場で行われた簡単な飲酒テストにひっかかったがアルコール呼気検査を拒んでDUI(アルコール/薬物の影響下の運転)容疑で逮捕され、留置場での検査も拒否。685ドルの保証金を支払うことで身柄は保釈となった。軽犯罪も含めてこれまで何ら犯罪歴がないこともあり、元隊員には72時間有効の運転免許証が与えられたという。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「アメリカ同時多発テロ事件」に関する記事

「アメリカ同時多発テロ事件」に関する記事をもっと見る

国際総合ニュースランキング

国際総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク