1歳女児アリに食い殺される ネグレクトの母に30年の実刑判決(メキシコ) 

1歳女児アリに食い殺される ネグレクトの母に30年の実刑判決(メキシコ) 
アリに食べられ赤ちゃんを死なせたネグレクト母親(出典:http://www.news.com.au)
映画やゲームに登場する“人食いアリ”が、南米を中心に実際に存在することをご存知であろうか。メキシコのある町で赤ちゃんがアリに体中を噛まれ、その後に死亡する事件が発生した。

メキシコ・チワワ州南部の町で2014年、1歳6か月のルナ・エステファニアちゃんという女の赤ちゃんが“人食いアリ”に食い殺されるという事件が起きた。ルナちゃんは児童保護局の調査員の訪問によりむごたらしい姿で発見され、激しく苦悶しながら病院に救急搬送された。医師は女児が栄養失調の状態であること、アリに体中を噛まれ、体の複数個所を食べられていたことを発見して治療にあたったが、約2か月後に死亡。傷の治癒を待つことなく、激しい痛みの中で苦悶しながら息絶えたことが医師より説明された。

その後、隣人らがルナちゃんの家庭環境について「ひどいネグレクトの状態」と話したことから調査には警察も介入。マリアナ・リゼト・サラス・ヘルナンデスという20歳の母親を虐待容疑で逮捕・起訴した。マリアナは2014年4月の後半から5月上旬にかけてルナちゃんに何も食べ物を与えていなかったほか、ルナちゃんは歩行がやや不自由であることも判明。生後2か月の時、マリアナの不注意で頭部を強打していたという。長引いた裁判はこのほどやっと結審し、連邦裁判所の判事はマリアナに30年の実刑判決と約165万円の罰金刑を言い渡したと豪メディア『news.com.au』が伝えている。

南米で人食いアリといえば“軍隊アリ(army ant)” が有名である。このアリは巣を持たずに数万匹が軍隊さながらの隊列で行軍する。エサとなるのは主に昆虫類だが、爬虫類、鳥類にも攻撃し、牛、馬、人間にまで噛みつき、そのまま食い殺すことがある。調査員は「ルナちゃんの体にビッシリとアリが這っていて驚いた」としている。

出典:http://www.news.com.au

(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2016年4月13日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら