死後推定1500年も足はスニーカー モンゴル・アルタイ山脈で発見されたミイラ

死後推定1500年も足はスニーカー モンゴル・アルタイ山脈で発見されたミイラ
死後推定1500年のミイラ、靴がなぜかアディダス風(出典:http://metro.co.uk)
このほどモンゴルの標高も高い山奥で女性と思われるミイラの手と足が発見された。驚くことに、アディダス風の立派なスニーカーを履いていると英メディア『metro.co.uk』が伝えている。

死後およそ1500年が経過しているとみられるミイラが発見されたのは、西シベリアとモンゴルにまたがるアルタイ山脈のモンゴル側。標高1万フィート(3,048メートル)付近に墓が建っており、考古学者らがそこを3メートルほど掘ってみたところミイラ化した手と足を発見したという。ホブド博物館(Khovd Museum)の研究員であるB. Sukhbaatarさんは『シベリアン・タイムズ』紙に以下のように語っている。

「墓に弓が見当たらないことや添えられていた埋葬品から、遺体はおそらくテュルク系民族の女性のもので、エリートではなく一般人であると思われます。胴体部分が見つかれば性別を断定することができるでしょう。墓を掘って埋葬した職人たちの技術も優れていたことがわかりました。」

ところがそのミイラの足元こそが大きな関心を集めている。アディダス風のイキなスニーカーを履いているのだ。そこで浮上したのが、現代人が1500年前にタイムスリップしたという“タイムトラベラー”説。そして「ミイラ発見は事実でも死後1500年は多く見積もりすぎ。現代人の遺体であろう」という声に、「かつてもその遺体を発見した人がいて、スニーカーを履かせてみたのではないか」といった声もある。

いずれの説に軍配が上がるかは別として、1500年前のミイラがスニーカーを履いているというのに「このあたりにおける当時のテュルク系民族の埋葬の様子を知る稀な機会となりました。有意義な発見です」などとさらっと語る考古学者らには、多くの人々が違和感を覚えているようだ。

出典:http://metro.co.uk
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2016年4月13日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら