21日に自宅にて急死した歌手プリンス。その前日に、親交のあった俳優ウィル・スミスは本人と話したばかりだったという。

このほどウィル・スミスがプリンスの写真をFacebookにアップ。彼の死に触れ、このように綴った。

「驚いているし、悲嘆に暮れている。昨日(20日)の夜、プリンスと話したばかりだったんだ。」
「今日、俺と妻ジェイダ(・ピンケット=スミス)は、皆さんと彼の死を悼みます。プリンスは美しい詩人、真のインスピレーション、そしてこの地球を優雅にしてくれる素晴らしいアーティストでした。」

またウィルの妻ジェイダ・ピンケット=スミスも、同じくFacebookにこう記している。

「彼は天才であっただけでなく、親切で面白い人でした。素晴らしい意味で風変わりで、好奇心が強く、想像力に溢れ、不思議で、スピリチュアルで、反抗的で、非常に知的な人だったの。」
「私達が今日失ったもの。それを言葉ではうまく表現できないけれど、友人の言葉を引用すると、“音楽はハートビートを失ってしまった”…そういうことね。」

プリンスの病理解剖は、米時間22日に予定されているという。

出典:https://ja-jp.facebook.com/WillSmith
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)