「ラブラドール犬が助けてくれた」 メキシコの岩山で遭難も44時間生き抜いた少年

メキシコ・コアウイラ州の東シエラマドレ山脈で17日、ボーイスカウトのサマーキャンプに参加していた少年が遭難してしまった。44時間後に救助された時、一緒にいたのは大きなラブラドール・レトリバー。絶望感から救ってくれたのはこの犬であったそうだ。

少年は14歳のフアン・エリベルト・トレヴィノ(Juan Heriberto Trevino)君。現場は「クンブレス・デ・モンテレイ国立公園」の西側で、フアン君はボーイスカウトのキャンプ中に薪探しに没頭して仲間の姿を見失い、渓谷で足を滑らせ負傷して動けなくなってしまったという。

亜熱帯半乾燥地気候のため乾燥に強い植物以外は生えない岩山に囲まれ、怪我の痛みと喉の渇きとで心身ともに消耗していったフアン君。しかしそこに1頭のラブラドール・レトリバーが現れた。犬はフアン君と一緒に木陰で過ごし、夜になると急激に気温が低下する中、フアン君は温かいその体を膝に乗せて抱きながら眠った。また渇ききったフアン君の体を心配しての行動であろうか、犬は水たまりすら発見してフアン君をそこに誘導したという。

ヘリコプターでの捜査が功を奏して19日の朝にフアン君はやっと救助されたが、馬に乗った救助隊員の姿を見ると走って抱きついてくるなど、人々が心配するほどには衰弱していなかった。地元警察のマーティン・カスティーヨ氏は「栄養失調と極度の疲労が確認されていますが、大丈夫でしょう。すべては犬が少年を発見し、

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年7月26日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。