ジョンベネ殺害事件から20年 容疑者扱いされた実兄が胸中語る

1996年12月、米コロラド州の静かな住宅街で突然起きた凶悪な殺人事件。被害者は美少女コンテストに何度も出たほどの美少女ジョンベネ・パトリシア・ラムジーちゃん(6)で、自宅豪邸の地下で冷たくなっていた彼女を殺めた犯人については「家族ではないか」という声も多くあがった。あれから間もなく20年、容疑者と指さされた兄がTV番組に出演し、事件の日や妹の葬儀、そして今の思いなどを語った。

このほどジョンベネ・パトリシア・ラムジーちゃんの兄バークさん(Burke Ramsey)が『Dr. Phil』に出演し、妹が自宅で遺体となって発見された日のことをこう振り返った。

「覚えています。母が『私のベイビーはどこなの?』と何度も繰り返していました。」

その後、現地警察が捜査を開始。だが捜査は難航し「家族の誰かがジョンベネちゃんを無残にも殺害したのではないか」と疑う声が世界中であがった。それにつき、バークさんはこのように語っている。

「ええ、僕にも分かっています。人々はこの僕が犯人だと思ったのです。そして僕の両親が犯人だとも。自分達が容疑者だったことは、僕も知っています。」
「棺にいる妹の姿も覚えています。」
「小さな棺桶で…妹の瞳は閉じていました。」

しかし約20年が経過する今も犯人は逮捕されておらず、謎は残ったままだ。このまま事件が忘れ去られることを危惧するバークさんは、「誰にも事件のことは忘れてほしくない」とコメントしている。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2016年9月3日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。