アフロヘアはストレートに 母語を話すと罰金も 根強い人種差別に黒人生徒たちが立ち上がる(南ア)

南アフリカの高校で、生徒らが人種差別に立ち上がった。被害に遭っているのは主に黒人の女子生徒で、髪が学校の規則にふさわしくないとカットされたり、母語を話すことを禁止されたことに不満を爆発させたのだ。この動きは今後さらに広がりを見せそうだ。

発端は8月29日、ハウテン州プレトリアにある「プレトリア女子高等学校」で起った。ある女子生徒が、髪が学生としてふさわしくないと教師に言われたことがきっかけであった。

この学校では、髪は顔にかからないように束ねること、ブレードヘアにする場合は直径1センチ以下にすることなど事細かに校則が決められている。女子生徒は、アフリカ独特のヘアスタイルであるアフロが禁止され、ドレッドヘア、編みこみなどにおいては細かく規制がされており、これらが人種差別にあたると主張しているのだ。

他にも教室で母語で歌を歌っていると教師から「サル」と呼ばれるなど、かねてから黒人に対する見えない規則の多いこの学校で生徒たちは立ち上がった。

彼女たちの抗議が国中に広まると、その動きに刺激されたのがケープタウンにある有名な私立女子高「サン・スーチー高校」であった。9月5日、300人以上の生徒や保護者が学校の講堂に集まり、アフリカ独自のナチュラルなスタイルを否定する校則を押し付けたり、母語を禁止するなど人種差別を助長しているとしてチャーメイン・マレー(Charmaine Murray)校長を辞職にしてほしいという嘆願書を西ケープ州教育省に提出した。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

国際総合ニュースランキング

国際総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク