いまだ屋外で排泄するインドの人々 『薄型テレビは持っていてもトイレは持っていないの?』政府が苦肉のポスター設置

いまだ屋外で排泄するインドの人々 『薄型テレビは持っていてもトイレは持っていないの?』政府が苦肉のポスター設置
インド政府が推し進めるトイレ普及策(出典:https://www.washingtonpost.com)
       
道端にボトンと排泄物を落としていったのは動物か人間か。排泄をどこでするかは生まれ育った環境次第、と思わずうなってしまうのがご存じインドである。それを変えようと必死な今のインド政府が、このほど苦肉の策とも言える作戦に打って出た。人々がどれほど言うことを聞くものか、注目が集まっている。

インドのニューデリーでは今、街のいたるところで目にも鮮やかな真っ赤なポスターが掲示されていると米メディア『washingtonpost.com』が伝えている。左下に小さく描かれているのは日本でいう「和式」タイプの便器。これはナレンドラ・モディ首相が打ち出した「クリーン・インド運動」の一つで、2019年までに数百万台のトイレを設置する計画が含まれている。インドの乳幼児の高い死亡率を考える上でもトイレの設置と上下水道の完備は急務なのだ。複数種類用意されたポスターにはこんな言葉が添えられているそうだ。

『おじさん、立派な靴を履いてネクタイもしめているのに、そんなところで堂々と排便して恥ずかしくないの?

『おじさん、高そうな携帯電話を持っているね。それなのに電車の線路で排便するなんて恥ずかしくないの?』

『おじさん、薄型テレビ、冷蔵庫、バイクを持っているんでしょう? それなのにトイレは持っていないの?』

右の少年が指さしながら嘲るように笑っているのは、もちろん『おじさん』の恥ずかしい排便の姿である。ソフトウエアやITサービス事業などで大変な存在感を示してきたインドの人々は、

あわせて読みたい

ナレンドラ・モディのプロフィールを見る
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「アンゲラ・メルケル」のニュース

次に読みたい関連記事「アンゲラ・メルケル」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「テリーザ・メイ」のニュース

次に読みたい関連記事「テリーザ・メイ」のニュースをもっと見る

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年9月18日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。