ジョンベネちゃん殺害事件 米番組「犯人はやはり兄」と結論付ける

ジョンベネちゃん殺害事件 米番組「犯人はやはり兄」と結論付ける
TVインタビューでも「僕は犯人じゃない」と語ったジョンベネちゃんの兄(右)(出典:https://www.instagram.com/drphil)
1996年12月に、まるでお人形のように美しい少女ジョンベネ・パトリシア・ラムジーちゃん(享年6)が自宅地下にて遺体となって発見された。美少女コンテストの常連で、類まれなる美貌が話題だったジョンベネちゃんを殺めたのは誰なのか―これまで警察が20年間にわたり捜査を続けてきたにもかかわらず犯人は断定されておらず、「兄、または両親が犯人ではないか」という声もたびたび上がっている。そんな中、このほどアメリカの番組が真相を究明すべく番組を制作、その中で様々な角度から検証した結果「兄が犯人ではないか」という結論を伝えた。

このほど米CBSがジョンベネちゃん殺害事件に関するドキュメンタリー番組『The Case of: JonBenét Ramsey』を制作し、「犯人はやはり兄バークさん、29歳ではないか」という結論にたどりついた。

遺体となって発見されたジョンベネちゃんの胃からはパイナップルが見つかっていることから、それを食べようと思っていた兄がカッとなりジョンベネちゃんを懐中電灯で殴り、死なせてしまった可能性があるというのだ。また同番組に参加した専門家らは、「子供がひとり死んだ」「バークまで失うわけにはいかない」と焦った両親が、息子を庇うべく隠ぺい工作を行ったと考えている。

ちなみにバークさんは先日『Dr. Phil』に登場し、これまで何度も犯人かと囁かれたものの「自分ではない」「犯人は小児性愛者だと思っている」「犯人が見つかることを願っている」と語ったのだが、終始笑顔を浮かべていたことから

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2016年9月27日の国際総合記事
「ジョンベネちゃん殺害事件 米番組「犯人はやはり兄」と結論付ける」の みんなの反応 10
  • 匿名さん 通報

    この一家は被害者である以上の重い枷を背負わされ続けてる。犯人が捕まるまでそれはずっと続くんだろう。事件解決が急がれる。

    24
  • 匿名 通報

    事件後、犯人がまだ近くにいるかもしれないのに両親は兄をガードマンも付けずに一人で歩き回らせていた。また地下室から他人が家人に見つからずに外に出るのは不可能。

    24
  • 匿名さん 通報

    無責任過ぎるマスゴミの典型

    17
  • 匿名さん 通報

    悪いのは朝鮮人でいいよ、面倒くさい

    12
  • 匿名さん 通報

    ネッシーと同じ。最後はしゃべる。

    11
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。