ジョンベネちゃん殺害事件 米番組「犯人はやはり兄」と結論付ける

「やはり怪しい」という声が噴出し、インタビュアーを務めたDr. Philが「不安を募らせ笑顔を浮かべることはよくあること」「良い青年だと感じた」と追ってコメントするに至っていた。

バークさんはその後、今回のドキュメンタリー放映によりまたしても犯人扱いを受けたことに激怒。弁護団はCBSを提訴すべく準備に入っており、うちひとりは『The Sun』にこう話している。

「もしボルダー警察が電話をしてきて『バークと話したい』『ウソ発見器にかけたい』と言ったら、ええ、喜んでその方向で考えますよ。しかしそんなことは起こらないでしょう。なぜなら当局は、バークは容疑者になり得ないと認めているからです。」

当然のことながらバークさん、またジョンベネちゃんの父も事件への関与を否定。同じく「犯人か」と疑われた母は、事件解決を待つことなくガンで他界した。今となっては犯人の断定が難しいとも思われるこの事件だが、20年が経過する今もアメリカでは関心が高く、今後何らかの動きがあるかにも注目が集まっている。

出典:https://www.instagram.com/drphil
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2016年9月27日の国際総合記事
「ジョンベネちゃん殺害事件 米番組「犯人はやはり兄」と結論付ける」の みんなの反応 10
  • 匿名さん 通報

    この一家は被害者である以上の重い枷を背負わされ続けてる。犯人が捕まるまでそれはずっと続くんだろう。事件解決が急がれる。

    24
  • 匿名 通報

    事件後、犯人がまだ近くにいるかもしれないのに両親は兄をガードマンも付けずに一人で歩き回らせていた。また地下室から他人が家人に見つからずに外に出るのは不可能。

    24
  • 匿名さん 通報

    無責任過ぎるマスゴミの典型

    17
  • 匿名さん 通報

    悪いのは朝鮮人でいいよ、面倒くさい

    12
  • 匿名さん 通報

    ネッシーと同じ。最後はしゃべる。

    11
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。