ヒラリー・クリントン氏 キム・カーダシアンの強盗被害に沈痛コメント 「もう帰宅されているの?」記者に逆質問も

ヒラリー・クリントン氏 キム・カーダシアンの強盗被害に沈痛コメント 「もう帰宅されているの?」記者に逆質問も
ヒラリー・クリントン氏、過去にキムとセルフィー撮影も(出典:https://www.instagram.com/kimkardashian)
先日、仏パリにて複数の男らがキム・カーダシアンの滞在先に侵入。命乞いするキムを容赦なく縛り上げて浴室に監禁し、10~11億円相当とも言われる豪華な宝飾品の数々を奪い逃走した。体に怪我はないものの大きな精神的ショックを受けたキムは、その後飛行機に飛び乗りアメリカに帰国。事件を経て「自分と家族には24時間の完全警備が必要」と痛感した彼女は今、非常に動揺しながらも今後のセキュリティ対策につき検討中だ。この事件について報道で知った大統領候補者ヒラリー・クリントン氏が、「なんとお気の毒な…」とコメントした。

このほどヒラリー・クリントン氏が『Extra』のインタビューに応じ、逆に記者に対して「もうキム・カーダシアンさんはご帰宅されているの?」と質問、さらにこのように胸中を明かした。

「本当に気の毒に思いましたよ。」
「ご主人(カニエ・ウェスト)はコンサートの最中だったのに、(事件が起きたと聞かされ)ステージから走り去ったというじゃない?」
「実に酷い事件ですよ…。ただ怪我人が出なかったことだけは嬉しく思います。」

ちなみにキムとクリントン氏は面識があり、仲良くセルフィーを撮影し楽しんだこともある。その後出演したテレビ番組でクリントン氏は「キムさんは本当に良い方でしたよ」「セルフィー撮影もとてもお上手でした」と語っていた。そんなクリントン氏をキムは支持しており、大統領選でもドナルド・トランプ氏ではなくクリントン氏に投票すると公表済み。「国の代表には、クリントン氏が相応しいと思います」「私は自分だけでなく、子供達のためにも投票します」と明かし、クリントン氏を喜ばせた。なおキムの夫カニエも将来的に大統領選に出たいと明かしているため、キムがかつてのクリントン氏のように、アメリカのファーストレディになる可能性もゼロではない。

出典:https://www.instagram.com/kimkardashian
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ミランダ・カー」のニュース

次に読みたい関連記事「ミランダ・カー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「カイリー・ジェンナー」のニュース

次に読みたい関連記事「カイリー・ジェンナー」のニュースをもっと見る

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年10月7日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。