国会で授乳しながら登壇、質疑応答した女性議員(アイスランド)

国会で授乳しながら登壇、質疑応答した女性議員(アイスランド)
女性議員が赤ちゃんに授乳 アイスランド議会で(出典:http://www.icenews.is)
アイスランドの女性議員が9月に誕生したばかりだという赤ちゃんを職場である議会に同伴し、授乳しながら登壇、質疑応答をした。中継のためのカメラが回る国会であるだけに、その行為についての是非が物議を醸しているもようだ。

「男性議員がいようと私には母親としての大切な務めがある」として赤ちゃんを議会に連れてきたのは、アイスランド連立与党の中道右派である独立党のUnnur Bra Konradsdottirさん。

議会は新しい移民法案について議論を白熱させており、さすがに質問に立つ際は別の女性議員の手に赤ちゃんをゆだねるのではないかと思われたが、人々の思惑とUnnurさんの方針は違ったようだ。

彼女はテレビカメラが回っていることを承知の上で、わが子を抱きながら登壇。マイクに向かって授乳しながら約1分にわたり発言し、文字通り“仕事と育児の両立”をやってのけたのだ。赤ちゃんが泣いて周囲に迷惑を及ぼすことを第一に心配したというUnnurさん。彼女は上の2人の息子も母乳で育てており、赤ちゃんが自分の腕、胸から無理やり離されたら必ず泣くと確信していたのだという。

その日は閉会まで優しいママの腕の中で大人しく眠っていたという赤ちゃん。実は、アイスランドでは女性が職場に赤ちゃんを連れてくることは当然の権利として認められているとのこと。この国では議員においても女性の数が半数近くまで増えているだけに、議会に同じ風が吹き始めてもなんら不思議はないのだ。ただし授乳やオムツ替えに振り回され、ママ自身が議論に集中できなくなることは避けなければなるまい。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2016年10月21日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。