NY-ロンドンが3時間15分! 新・超音速旅客機「Boom」 来年にも試験飛行

NY-ロンドンが3時間15分! 新・超音速旅客機「Boom」 来年にも試験飛行
マッハ2.2の超音速旅客機「Boom」もうすぐ試験飛行も(出典:http://boomsupersonic.com)
機体ほか条件にもよるが、ニューヨークからロンドンに向かう場合、現在のフライト時間は往路で約6時間半から7時間、復路で8時間前後かかるものである。超音速旅客機のコンコルドが退役してすでに10年以上となり、次世代の超音速旅客機のデビューが待たれていたが、来年にもいよいよそれがお披露目となるもよう。実現すればニューヨーク・ロンドン間は3時間15分にまで短縮されるという。

元祖・超音速旅客機の「コンコルド」が量産に至らなかったのは、数々の難問をどうしてもクリアできなかったことが原因であった。次世代の超音速旅客機に求められる条件は、コンコルドより速くコストパフォーマンスも向上し、騒音ほか環境問題もクリアすることと非常に厳しい中、開発が順調に進められていたのがマッハ2.2の超音速で飛ぶという「Boom」である。最新エンジンもさることながら、機体の素材についても熱に強くて軽い炭素繊維強化炭素複合材料を使用することで大幅な軽量化に成功。ただし定員は40名と少なくなる。

「Boom」の開発と製造にあたっているのは、コロラド州デンバーを本拠地とする「Boom Technology」社。写真によればチームは18名で構成され、そのウェブサイト『boomsupersonic.com』にはすでに様々な数字が明示されるようになっている。速さはコンコルドのそれを10%短縮したマッハ2.2。これは従来の旅客機の2.6倍の速さを誇るといい、ロンドン・ニューヨーク間をこれまでの平均7時間から3時間15分で飛べることになる。また往復の正規運賃はコンコルドの半分以下という5,000ドルが予定されているそうだ。

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年11月20日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。