粗悪すぎる薬物検査 重曹をコカインとみなされた夫婦が2か月拘置所に(米)

粗悪すぎる薬物検査 重曹をコカインとみなされた夫婦が2か月拘置所に(米)
薬物の迅速検査キットにより誤認逮捕となったユタ州の夫妻(出典:http://www.vibe.com)
犯罪とは無関係なトラックの運転手とその妻がコカイン所持の現行犯として逮捕され、その後2か月も拘置所で過ごすことになってしまった。「俺は元警察官。米軍とも仕事をしてきた」と激怒するその男性。誤認逮捕もさることながら、薬物の迅速検査キットも不正確という驚くべき話題が米ユタ州から伝えられた。

今月21日、ユタ州ソルトレイクのメディア『KUTV CBS 2』に「とんだ容疑をかけられ、鉄格子の奥に突っ込まれてしまった。まるで納得できない」と怒りをぶつけたのはトラック運転手のウェンデル・ハーヴェイさんと妻のゲイル・グリフィンさん。ハーヴェイさんは元警察官で米軍の爆薬輸送にもかかわってきたという。ところが今年5月にコカイン不法所持の現行犯として逮捕され、なんと2か月も拘置所に身柄を拘束されていたそうだ。

とんだ誤認逮捕があったのはアーカンソー州のフォート・チャフィーという町。ハーヴェイさんが妻を乗せたトラックを運転していたところ、チャック・ボーエンという警察官に呼び止められ、白い液体入りの3つの容器について職務質問を受けた。その成分は白い粉である重曹。ハーヴェイさんが「これでグリフィンの胸やけや胃の不快感が治るんだ」と説明したところ、警察官の表情が厳しいものに変わったという。

袋の中身を簡易検査にかけた警察官が出した結論は、驚くことに「3000ドル超に相当するコカインを所持」というものであった。開いた口がふさがらないまま夫妻は逮捕され、トラックも押収されてしまった。設定された保釈保証金はそれぞれ1万ドル。夫妻にはそんなお金もない上、どうせすぐに告訴は取り下げられると確信していたため、不本意ながら拘置所暮らしを甘んじて受け入れることにしたという。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2016年11月24日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。