バケットリストをこなす余命6か月の犬 「残された人生をハッピーに」(英)

バケットリストをこなす余命6か月の犬 「残された人生をハッピーに」(英)
バケットリストの1つ、消防車に乗せてもらったボクサー犬(出典:http://metro.co.uk)
4歳のボクサー犬が動物シェルターを出て新しいファミリーのもとにやってきたのは昨年のことだった。“ラルフ”と名付けられ一家に可愛がられてきたものの、4か月前にガンで余命6か月と診断された。この宣告に家族はみな言葉を失い涙したが、「残された人生をできるだけハッピーなものにしよう」とラルフのために50のバケットリスト(やりたいことリスト)を作成したという。

英シュロップシャーのウェリントンに住むステファニー・マリアさんが、ラルフの足に小さな出来物を発見したのは4か月前のことだ。みるみるうちに大きくなっていくその腫れ物を心配したステファニーさんは、連れて行った動物病院でラルフがガンであることを知る。

すぐに手術が行われラルフの足の腫瘍は取り除かれたものの、ガンは進行が速い悪性のもので全身に転移。ステファニーさんは獣医から「ラルフは長くても6か月の命」と告げられた。

悲しみに打ちひしがれながらも、一緒に住む両親に支えられ心を切り替えたステファニーさんは、ラルフが残りの人生を精いっぱい楽しめるようにバケットリストを作ることにした

“ラルフを幸せにするための計画”は、ラルフだけでなく家族みんなに笑顔をもたらした。そしてひとつ、ふたつと新しい項目が加えられたリストはあっという間に50にまで膨れ上がった。

これまで達成できたのは、海で泳ぐこと、マクドナルドのハンバーガーを食べること、犬のサロンに行くこと。ウェリントン消防署に出向き、大好きな消防車にも乗せてもらった。ヘルメットをかぶってパトカーの後部座席での記念撮影も果たしている。さらにはビーチでピザを食べ、ロシアのアーティストの前でポーズをとり、“ラルフ像”を描いてもらったという。

これから予定されているのは、雪の中で遊ぶこと、アイスクリームを食べること、日の出と日の入りを見ることで、ラルフにはクリスマスや2017年の新年まで予定がびっしり埋まっている。

ステファニーさんは最後にこうコメントした。

「ラルフは世界で一番幸せな犬に違いないわ。だってみんなにこんなに愛されているんですもの。」

出典:http://metro.co.uk
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2016年11月27日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。