シルク・ドゥ・ソレイユで転落事故 元オリンピック選手脊髄損傷か(豪)

シルク・ドゥ・ソレイユで転落事故 元オリンピック選手脊髄損傷か(豪)
エアリアル・フープから落下(出典:https://twitter.com/channeltennews)
創造性、芸術性の高さゆえ世界中で人気のエンターテインメント集団「シルク・ドゥ・ソレイユ(Cirque du Soleil)」のオーストラリアでの移動公演で今月27日、リサ・スキナーさん(Lisa Skinner、35)が約5メートルの高さから落下し意識を失った。『brisbanetimes.com.au』ら複数のメディアが伝えている。

事故が起きたのは「シルク・ドゥ・ソレイユ(Cirque du Soleil)」のブリスベンでの移動公演で、今月27日(日)午後2時頃。2011年から日本でもパフォーマンスが行われた人気演目「KOOZA(クーザ)」のアクロバットショーを一目見ようと、会場はたくさんの家族連れで賑わっていた。スキナーさんは、天井から吊るされた輪(エアリアル・フープ)を使って演技をしている最中に約5メートルの高さから転落した。

事故を目撃したアナスタシア・アストリッジさんは「彼女は下に叩きつけられるように落ち、そのまま顔を下にしたまま動かなくなりました。すぐにスタッフに囲まれ、その後サイレンが聞こえました。彼女がステージから運ばれた後、ショーは続けられましたが、あのような事故の後ではとてもショーを観る気分にはなれませんでした」とFacebookに投稿している。

スキナーさんは搬送先のローヤル・ブリスベン病院で手当てを受け、現在容態は安定しているという。怪我の状態は明らかにされていないが、地元紙は脊髄の損傷もあり得るのではないかと伝えている。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2016年11月28日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。