ビーバーが100均でクリスマスショッピング? 珍客来店で大捕り物に(米)

ビーバーが100均でクリスマスショッピング? 珍客来店で大捕り物に(米)
店内を物色するビーバー(出典:https://twitter.com/firstsheriff)
感謝祭が終わり、アメリカのショッピングモールはクリスマス一色。クリスマスツリーが飾られイルミネーションも華やかな店内に入ると、ウキウキわくわく足取りも軽くなる。モールではクリスマス商戦が始まり、店内にはクッキーやチョコレート、ツリーのオーナメントやお皿までありとあらゆる商品が所狭しと並べられる。そんな店内に先月末、1頭のビーバーが現れた。『abc13.com』ら複数のメディアが伝えている。

11月28日、メリーランド州南部セントメアリーズ郡シャーロット・ホールにある1ドルショップ、日本のいわゆる“100円ショップ”に現れたのは体長50センチはあろうかというビーバー。クリスマス直前まで待たずに早めのショッピングにやってきた(?)までは良かったが、店の中を駆け回りプラスティックのクリスマスツリーやコーヒーカップを物色。ちょっとした騒動になってしまったようだ。

珍客の訪問を受けて駆け付けたのはセントメアリーズ郡保安官。逃げ回る“ビーバー容疑者”を見事捕獲している。

器物損壊の現行犯で逮捕されたビーバーは動物管理局員によって保護され、野生動物リハビリセンターに送られた。

ビーバーが店を物色する様子はセントメアリーズ郡保安局のTwitterに投稿され「なんてキュートなの!」と話題になっている。店に迷い込んだばかりに御用となったビーバーだが、被害は最小限で起訴はされないということだ。

縄張りを持ち本能的にダムを作って生活すると言われるビーバー。一時は乱獲で生息数は絶滅寸前まで減少したが、保護政策のおかげでその数は増えているという。

出典:https://twitter.com/firstsheriff
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2016年12月3日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。