ルーマニアの美少女が「私の処女を1ミリオン・ユーロで買って」 その目的が哀しい…

ルーマニアの美少女が「私の処女を1ミリオン・ユーロで買って」 その目的が哀しい…
「処女を100万ユーロで売ります」と語るルーマニアの美しい18歳(出典:http://www.standard.co.uk)
このほどイギリスのテレビ番組にルーマニア人だという美しい少女が登場し、「私はまだ処女。自分の夢と家族のためにこの身体を100万ユーロで売りたい」と話し、司会者や視聴者に大きなショックを与えた。

「私の処女をどなたかに100万ユーロ(約1.2億円)で買っていただきたいのです。」

英ITVの人気番組『This Morning』に出演し、司会のホリー・ウィロビーとフィリップ・スコフィールドの向かい側に座ると、真面目な表情で思いの丈を語ったルーマニア出身のアレクサンドラ・ケフレンさん。18歳の彼女は今、オックスフォード大学で勉強したいと望む一方で、貧しいゆえ賃貸アパートから退去命令が出され、家を失いつつある両親のことを深く悩んでいると説明した。

しかし、私の体を好きにして良いなどと提案することは命の危険にもつながる。祖国の両親もこれを知ったらさぞかし心配するであろう。司会のスコフィールドに「クレイジーだと思わない?」と突っ込まれると、彼女はこう切り返している。

「でも多くの女の子が処女を失った相手と長続きしていないのが現状で、大切なものを捧げる価値がなかったことになります。それならほかに処女を捧げるもっと良い理由があるはずです。それで大金を得られたら私は留学の夢を叶えられるし、両親には家を買ってあげられるのですから。」

「こんなことを考えるようになったのは、1993年の米国の映画『幸福の条件(原題:Indecent Proposal)』を見たことがきっかけです。ルーマニアはとても経済的に貧しい国ですから子供は両親を助け、家を買い与える必要があるのです。」

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2016年12月4日の国際総合記事
「ルーマニアの美少女が「私の処女を1ミリオン・ユーロで買って」 その目的が哀しい…」の みんなの反応 1
  • ゲコッ!! 通報

    「幸福の条件」劇場で見た覚えがある。でも、アレってヤってなかったのでは?記憶がどうも...。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。