豪華客船「プリンセス・クルーズ」に45.5億円の罰金刑 海洋汚染と汚染物質不法投棄で

豪華客船「プリンセス・クルーズ」に45.5億円の罰金刑 海洋汚染と汚染物質不法投棄で
豪華客船の「プリンセス・クルーズ」に45億円超の罰金刑(出典:http://www.princess.com)
世界で人気の華客船ツアーだが、実は海洋・環境汚染の大きな原因となっていることをご存じであろうか。排出される下水、油漏れ、船内で莫大な量が用意される飲食物の廃棄処分など。コストダウンのため処理プロセスがずさんであることも多く、行政の業務改善命令に虚偽の報告でもあれば大変な罰金刑が待っている。このほど「プリンセス・クルーズ」がそれを食らった。

豪華客船でのクルージングツアーといえばとにかく盛んなのが北米。大手クルーズ会社による派手な買収合戦が続いた結果、現在北米のクルーズ業界トップは「カーニバル・クルーズ(Carnival Cruise Line)」。次に「ロイヤル・カリビアン・インターナショナル(Royal Caribbean International)」、さらに三番手がカーニバルの傘下に入った「プリンセス・クルーズ(Princess Cruises)」と続く。

このほど有罪の判決とともに4,000万ドル(約45.5億円)という業界史上最大の罰金を支払うよう命じられたのは、このプリンセス…を運航する「Princess Cruise Lines Ltd.(本社:カリフォルニア州サンタクラリタ)」。海洋汚染、環境破壊に対する対策や改善の努力が見られない上、隠ぺい工作が多々あったとして7件の重罪に問われていた。

2014年3月、法務省がテキサス州ヒューストンで同社の豪華客船について調査を実施したところ、不正なバルブやバイパス装置の存在が発覚。2005年からは

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2016年12月6日の国際総合記事
「豪華客船「プリンセス・クルーズ」に45.5億円の罰金刑 海洋汚染と汚染物質不法投棄で」の みんなの反応 5
  • ねずみ 通報

    日本に来る中国人のクルーズ船も きっと海を汚しながら来るんだろうな。

    1
  • 陸電施設・監視機能と法規制の整備を!!① 通報

    「低硫黄燃料」使用を義務付けている海域や、接岸時にエンジンを止めて「陸上電源」使用が法的に義務付けられている地域もあります。

    1
  • 陸電施設・監視機能と法規制の整備を!!② 通報

    日本政府は大型港湾整備に躍起ですが、汚染監視機能や法規制、陸上電源施設整備は全く計画に入っていません。

    1
  • 陸電施設・監視機能と法規制の整備を!!③ 通報

    公海上では、日本の法律は適用されず、パナマなど便宜船籍国の「緩い」監視下におかれ、汚染流出が黙認される危険性が非常に高い状況にあります

    1
  • チョチョリーナ 通報

    知りませんでした。日本の大型港湾整備に躍起とは。又、トンチンカンなことを。世界では、すでに嫌われ者なのに、歓迎すべき整備とは。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。