目を開けているのに「閉じている」とパスポート申請を拒否された男性(ニュージーランド)

目を開けているのに「閉じている」とパスポート申請を拒否された男性(ニュージーランド)
「目を閉じている」とパスポート申請を拒否された男性(出典:http://metro.co.uk)
なにもかもがデジタル化しつつあるこの時代、パスポートをインターネット上で申請できる国も存在する。しかし、このほどニュージーランドに住むある男性がパスポート取得をインターネットから申請したところ、顔写真が「目を閉じている」という理由で却下されてしまった。だが写真に写る男性の目はしっかりと開いている。一体この男性の写真に何の問題があったというのだろうか。英紙『Metro』が報じ、物議を醸している。

アジア系ニュージーランド国籍のリチャード・リーさん(22歳)はエンジニアを学ぶ学生だ。今回、リーさんがパスポートをオンライン上で更新するために撮った写真を顔面認識システムに申請したところ、却下されたという。

ニュージーランドの総務省が認可しているサイト「passports.govt.nz」では、パスポート用の写真を同サイトにアップロードして申請できる仕組みになっている。具体的には、写真は「Online photo checker」という顔面認識システムで判断される。リーさんはそうして自身の写真を申請したわけだが、システムはリーさんの目が閉じていると判断して申請を却下した。

リーさんはこの出来事をFacebookに投稿し、申請した写真のコピーを掲載した。それを英紙『Metro』などが報じているのだが、リーさんの目はくっきりと開いている。しかし顔のバランス的に目がやや小ぶりなサイズのために、システムはリーさんのぱっちりと開いた目を「閉じている」と判断してしまったと見られる。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年12月10日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。