がんを乗り越えた老犬のため「バケットリスト」を作り続ける飼い主(米)

がんを乗り越えた老犬のため「バケットリスト」を作り続ける飼い主(米)
がんを経験した愛犬のためにバケットリストを作成(出典:http://metro.co.uk)
       
余命わずかと知った時、欧米では「バケットリスト」を作成する人がいる。これは「死ぬまでにやっておきたいこと」をたくさんリストアップすることで、余命いくばくもない者の最後の夢を叶えるという試みだ。このほど可愛がっている老犬ががんを経験し、苦しみを共に乗り越えた飼い主が最後まで楽しい思い出を作ろうと、愛犬のための「バケットリスト」を作成し続けていることを英紙『Metro』が伝えている。

ビーグルとグレイハウンドの雑種犬であるデクスター(14歳)は、生後3か月の時に米フロリダ州で有刺鉄線に絡まれていたところを通報され、動物保護シェルターに保護された。当時のデクスターはパルボウイルス感染症にかかっており激しい下痢や発汗、食欲不振という状態であったために、シェルターのスタッフは安楽死させた方がいいと考えたという。

現在ノースカロライナ州に住んでいるシャイロ・クェーラーさんは、その頃フロリダ州で学生をしており「The Humane Society(動物愛護協会)」でボランティア活動を行っていた。保護されたデクスターが安楽死されるとスタッフから聞いたシャイロさんは、ボーイフレンドのビルさんにデクスターを引き取りたいと相談した。

やがて奇跡的に病気から回復したデクスターはシャイロさんに引き取られ、とても健康で幸せに暮らしてきた。ところが2年ほど前からデクスターはよく物にぶつかるようになり、呼んでも反応しないことが多くなった。シャイロさんは愛犬が年老いて来たために、視力や聴覚が衰えているのではないかと心配したという。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年12月13日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。