英国からアメリカへ向かう機内で、酷い心臓発作を起こした『スター・ウォーズ』シリーズのレイア姫ことキャリー・フィッシャー(60)。飛行機が空港に到着後キャリーはただちに病院に救急搬送され、世界中のファンが「大丈夫なのか」と心配の声をあげた。そんな中、いくつかのメディアは「容態は安定した」と報道。しかし現在どのような状態なのかなど、詳しいことは今も明らかになっていない。

飛行機が空港に到着する約15分前に、心臓発作を起こし倒れたキャリー・フィッシャー。機内に偶然いた医療関係者により心肺蘇生法を受けたキャリーは空港に着陸後すぐに病院に搬送され、今も治療を受けている。そんなキャリーについて家族は「緊急事態は脱した」とAP通信に話したものの詳細は伏せており、別のメディアには「ICUにいます」「皆さんが祈ってくだされば幸いです」「医師団は最善を尽くしてくださっています」「良いニュースも悪いニュースも今はありません」と語っている。

今年はハリソン・フォードとの不倫を暴露した自著が話題となり、宣伝ツアーで多忙を極めたキャリー。今回のフライトも長時間を要し、ずいぶん疲労がたまっていた可能性は高い。またキャリーの心臓発作はかなり重く、直後のキャリーは反応すらできなかったとのこと。機内から運び出されるキャリーを見た人物は、その様子を米メディア『PEOPLE』にこう伝えている。

「怖かったです。約6名のスタッフがキャリーさんをストレッチャーに乗せて機外に出したのですが、キャリーさんは酸素マスクをつけていました。ストレッチャーを押す人達は、場所をあけてくださいと大声をあげていました。」

現場にも緊張が走り騒然となる中、病院に搬送されたキャリー。この緊急事態を全米メディアが速報で伝える中、『スター・ウォーズ』シリーズでルーク・スカイウォーカーを演じてきたマーク・ハミルも大変驚き心を痛め、「キャリーに愛の全てを送ります」とツイートしている。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)