マライア・キャリー 大晦日の最悪ステージは視聴率アップを狙った主催サイドの“陰謀”か

マライア・キャリー 大晦日の最悪ステージは視聴率アップを狙った主催サイドの“陰謀”か
マライアの“大失態”に世界が衝撃(出典:https://www.instagram.com/mariahcarey)
2016年大晦日に、歌姫マライア・キャリーは1年を締めくくるショーとしてタイムズスクエアの年越しイベントに登場。そこでヒット曲を披露するはずが音響トラブルがあったとして歌えず、ステージで「この曲のサウンドチェックはしなかったもので…」と釈明する一幕があった。結局まともにパフォーマンスをすることのできなかったマライアに多くのアメリカ人が衝撃を受ける中、マライア側はショーの主催サイドを猛批判している。

昨年の締めくくりにニューヨークの大晦日ライブに登場しヒット曲を披露するはずだったマライア・キャリーが、バックアップコーラスが聞こえなくなるというトラブルに驚きステージでこう呟いた。

「この歌(『Emotions』)のサウンドチェックはしなかったの。だからこれだけは言っておくわ。これはナンバーワンになった曲よ。そういうこと、お分かり?」
「ええっと、とにかく良いお年を! 私達にサウンドが届いていないの。でもなんとかこの瞬間を乗り切りましょう。」

しかしこのトラブルに苛立ったマライアは、ステージを歩き回り「お願い、モニターをつけてよ」などとクルーに要請する一幕もあった。その後別の曲でようやくパフォーマンスを披露するも、マイクを口から離しても歌が流れ今度は明らかな口パクがバレる始末。この悲惨な展開に激怒したマライアのマネージャーは、その後『Billboard』にこう話している。

「ステージマネージャーには、開始10分前にこう言ったの。耳に入れておくべきイヤーモニターが機能していないって。」

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年1月3日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。