新年の花火で犬がパニック、30頭死ぬ(南ア)

1月1日、新年を迎えると南アフリカの各地で花火が打ちあがる。華やかに空を彩る花火ではあるが、地上では動物たちが被害をこうむっていたようだ。

1月3日の地元紙によると、南アフリカ・ダーバンでは新年の打ち上げ花火の音に驚いて息を引き取った犬が少なくとも30頭いたと発表された。

ダーバンにある動物保護団体『Phoenix Animal Care and Treatment』によると、12月30日から新年にかけて飼い主だけでなく住民からも動物を救助してほしいという電話が絶え間なくかかって来たそうだ。できる限りの要望に応えるべく出動するが、たいていの犬はすでに死んでおり、運よく救助して獣医のもとに搬送できたのはたったの7頭だけであった。

犬の死因は様々で、花火の大きな音に驚いた犬が家を飛び出してしまいハイウェイなどをパニック状態で走っているところを車にはねられたり、家の外に鎖でつながれていた犬は暴れたため鎖が首に巻きついてしまい窒息死したケースが多かった。

ダーバン郊外のクルーフ・アンド・ハイウェイ動物保護協会でも、花火の音にパニックになり逃げ出した動物に関する問い合わせや通報が多々あったという。年末年始は緊急電話が鳴り続け、15頭の動物が保護されている。

ちなみにダーバンはインド系が多いこともあり、10月末にはヒンドゥー教の新年を祝うディーワーリーがある。「光のフェスティバル」とも言われるディーワーリーでは昨年、花火によって犬が32頭、猫が10匹、アヒルが1羽死んだことが報告されている。

出典:http://www.iol.co.za
(TechinsightJapan編集部 FLYNN)

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年1月8日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。