チャーリー・シーン激白 「自殺も考えたHIV宣告の日と今の生活」

チャーリー・シーン激白 「自殺も考えたHIV宣告の日と今の生活」
チャーリー・シーン、HIV闘病も前向きな姿勢崩さず(出典:https://www.instagram.com/charliesheen)
アメリカ人俳優チャーリー・シーン(51)は、数年前に「HIV陽性」の宣告を受けて闘病を開始。病気については伏せておきたかったというが、事実を知る人達に「秘密にしてやるから金を出せ」と脅迫され、何億円も失うはめになった。「このままでは駄目だ」と悟ったチャーリーは、2015年に病気を自ら公表。そして今も闘病を続けているチャーリーが、恐ろしかったというHIV宣告、病気と共存する今の暮らしを赤裸々に語った。

このほどチャーリー・シーンが『Good Morning America』のインタビューを承諾。その中でHIV陽性だと宣告された日を回顧し、こう語った。

「俺がHIV陽性だと言われた日…。あの時の俺は、すぐにでも自殺したいと思ったよ。」
「だけど薬を手渡され、もう家に帰ってもいいって言われたんだ。これからも生きられるともね。病気になった時点ですでに(治療に使う薬が)あったことに、深く感謝しているよ。」

病名を知る前は頭痛も酷く「脳腫瘍に違いない」と思ったというが、意外な病名を聞きさらに大きな衝撃を受けたチャーリーは「死んで楽になりたい」と一瞬思ったという。しかし「生きられる」という言葉に勇気づけられ薬での体調管理を始め、さらにHIV薬の治験に参加。現在は研究段階にある薬を週に一度打っているといい、その効果を確かに実感しているという。

また今のチャーリーは役者として新作を控え、公私ともに順調とのこと。そしてHIVを公表後も人々は温かく接してくれたといい、「時には見知らぬ人にハグされることもあるんだ」とチャーリーは嬉しそうに語った。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2017年1月12日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。